リハビリの不安などから夜寝付きにくい時に効果的な百会

2015.3.17|はり・きゅう

こんにちは!

今日は「不眠」についてのお話です。不眠症まではいかないけど、日頃のストレス、一日の反省会など、眠る前の考え事で、眠れなくなってしまう時ないですか?

リハビリで思うように成果が上がらないなどの不安も不眠を引き起こす要因の一つになるかもしれません。

私自身もちょっとしたことで寝付けなかったりすることもあります。そこで、今回は実際に私がやってる事をご紹介します。

 

●不眠に効果的な百会(ひゃくえ)を押す

リハビリの不安

百会(ひゃくえ):「百の数、数多くの気(血液)が出会う処

百会(ひゃくえ)は頭のてっぺんで、ほぼ中央にあるツボでです。

脳梗塞などの重い症状から不眠や神経の高ぶりを鎮める作用があるなど、幅広い症状に用いられる、自律神経を整えるツボです。

「百会」は、頭の血流を促進するだけでなく、 全身の血行促進を改善し、健康そのものに深く関係しているツボと呼ばれています。

私はその他に、女性の不眠にオススメしたいのは黒い食べ物の「ホット黒ごま豆乳」です。

これはイライラや疲れを解消してくれるそうです。プルーンもいいですよね!

私が寝付きにくいときは、1億円が当たった後のお金の配分を考えます。

もう何度も考えていますが、最後まで配分できずに寝てしまってます(笑)

くだらない事を考えて寝てしまうものは「不眠」とはいいませんね。

師走のこの時期、色々なことでバタバタしますが、安心して入眠できる生活環境でいたいものですね。


カテゴリ

最新記事

ページの先頭へ戻る