お年寄りはよく笑う人ほど健康との研究結果

2016.2.24|健康

東京大・千葉大などの研究グループは、高齢者の健康状態について調査をおこない興味深い発表をしました。

「毎日よく笑う高齢者は、普段ほとんど笑わない高齢者に比べて、1.5倍健康状態が良い」ということが分かったそうです。

 笑いの頻度と健康状態の分析

65歳以上の男女約2万人を対象とした。

・普段の生活で声を出して笑うかどうか

ほぼ毎日・・・男性 38% 女性 49%
ほとんど笑わない・・・男性 10% 女性 5%

この回答を元に自身が評価する健康状態を分析すると以下のような結果になりました。

笑う健康

*ほぼ毎日笑う人を1倍とした場合、健康状態が良くないと感じる割合

表はほぼ毎日笑う人を1として、ほとんど笑わないひとは1.54~1.78倍体調が悪いことがわかりました。

最近の介護施設では笑いに注目しているところが多く、積極的に外部の人間を招いて、あらゆる取り組みをしているところが多く見られます。

今回の調査にあたり、研究結果は「よく笑う人ほど健康」という可能性を示し、さらなるメカニズムを詳細に調べる必要はあるが、高齢になれば日ごろからよく笑うよう心掛けてほしいとコメントしています。

笑う門には福来るですね。

デイサービス内装・設計なら介護空間


カテゴリ

最新記事

ページの先頭へ戻る